頼りになるのは専門家|交通事故 示談交渉 ガイド

頼りになるのは専門家

事故直後に相談するのがベスト

交通事故の示談交渉に加害者が応じても応じなくても、専門家に相談するのが一番安心できます。
そのメリットは全部で4点あります。

まず1つが、加害者の加入する損害保険会社の主張の内容を、詳しく解説してくれることです。
理解できない専門用語が多く、自分だけでは対応できないこともまた、多々あるのです。

2点目は、余計なストレスが無くなることです。
自分で全部対応するとなると手こずる上、時間がかかります。
専門家に任せることで、手続きはスムーズに行われて安心です。

3点目は、書類の記入漏れが無くなることです。
記入漏れが1つでもあることで、被害者側の不利になることが多々あります。
加害者の有利にならないよう、弁護士が書類の記入の仕方を漏れなくチェックしてくれて、安心です。

4点目は、後遺障害についての手続きについても依頼できることです。
後遺傷害の手続きはとても複雑です。l
そんな複雑な手続きも、被害者の代わりに行ってくれるのでとても安心です。

依頼する際の注意点

専門家に依頼すれば安心ですが、同時に注意することもあります。
1つは、相談料についてです。
最近は無料で初期相談にのってくれる弁護士事務所、行政書士事務所が増えていますが、それ以降の相談料として、異常なほどに高額な料金を請求してくるケースがあります。
そのような事態にならないよう、はじめに見積書を作成し、交渉しておきましょう。

もう1つは、専門家と偽り、個人情報を収集している悪徳業者がいることです。
そのような悪徳業者を見極めるのは困難ですが、専門家への依頼は、ある程度知名度の高い事務所を選ぶと良いでしょう。


このページの先頭に戻る