示談交渉、示談金、示談書とは|交通事故 示談交渉 ガイド

示談交渉、示談金、示談書とは

そもそも「示談交渉」、「示談金」とは何なのか?

交通事故に遭った際、通常、示談交渉を行うわけですが、そもそも「示談交渉」という言葉を知ってていますか。
示談交渉とは、交通事故等が発生した時に、当事者、つまり加害者と被害者が話し合い、損害賠償額や支払い方法等の内容を決め、事故の解決を図ることです。

この交渉を通じ、加害者が被害者に対し、損害賠償金の支払いを約束します。
そのお金を被害者が受け取り、被害者は「それ以上に損害賠償を請求しません」と加害者に約束をします。
その際に請求する損害賠償金のことを、示談金といいます。

示談金は、被害者と加害者が話し合いをし、双方が納得すれば和解契約となります。
この示談金は、自由に決めることが出来ます。

示談書の内容

当然ながら、交渉時には、その内容を書面にしたものが必要になります。
後の紛争を防ぐ為に示談内容を書面に残したもの、それが示談書です。
基本的な示談書には、事故発生時、事故発生場所、当事者の名前と住所、事故の原因と状況、示談内容を記入します。
更に具体的に分けると、対人事故用の書き方と、対物事故用の書き方があります。

対人事故に関しては、後遺障害を含めて全て解決する場合、後遺障害分を自賠責保険の被害者請求手続きとする場合、確定している後遺傷害の損害を含めた示談の場合、死亡事故の場合等、細かく分かれています。

対物事故に関しては、物損事故で加害者のみの支払いの場合、双方に支払いが発生する場合の示談書があります。

ここで、交渉で双方が合意すれば示談書に捺印が必要になります。
しかし、この捺印が重要で、示談の内容をよく理解していないまま安易に示談書に捺印すると、大変危険です。
その理由を次のページで解説します。


このページの先頭に戻る