交通事故 示談交渉 ガイド|交通事故の示談交渉をする前に知って欲しいこと

交通事故が発生した時

交通事故に遭って困っていませんか?

交通事故に巻き込まれて、その後の手続きに困ってはいませんか?
  ・事故の後、どうやって手続きすればいいのか分からない
  ・示談交渉をしたいけど、誰に相談すればいいの?
  ・そもそも、示談の意味が分からない
といった疑問を持っている方は多いのではないでしょうか。

本サイトは、そのような交通事故に関心のある人、若しくは交通事故に巻き込まれ、これから示談交渉を行う予定の方に向けた、交通事故の示談交渉について基本的な内容を解説したコンテンツとなっています。
訴訟を起こす前に、必用な知識を身に付けることで示談交渉がスムーズに進むことは言うまでもないでしょう。

交通事故のデータの知識を知っておこう

示談交渉について調べる前に、先ず交通事故のデータについて基本的な知識を知っておくと良いです。
近年、日本でどれくらいの交通事故が発生しているか、知っていますか?

平成23年度の交通事故件数は、約69万2000件、死傷者数は85万9000人にも上っています。
その内、重傷事故件数については4万6400件、重傷者数は4万8400人になります。
この中で、後遺症が発症する人は、重傷者の中から出てきます。
因みに、「重傷」とは全治1ヶ月以上の治療を必要とするケガ・損傷を指します。
事故件数、死傷者数から、それぞれ重傷件数と重傷者を差し引いた数が軽傷・死亡事故、軽傷・死者数になります。

交通事故の件数・負傷者数は年々減少していますが、それでも少ないとは言えないようです。


このページの先頭に戻る
交通事故 示談交渉 ガイド
示談交渉、示談金、示談書とは
捺印の重要性
示談交渉の手順
示談交渉に応じない時
頼りになるのは専門家